ゼニカルで理想のボディ作り

日本ではゼニカルの保険適応はありません。
インターネットで「ゼニカル+地域名」で検索してみますと、自由診療で処方しているクリニックが結構多いことがわかります。

 

自由診療にて肥満症に対しての薬剤を処方しているクリニックは確かに増えてきてはいますが、個人輸入をしてゼニカルを購入している人も多いようです。

 

1回120mgを1日3回飲み続けるのがFDAが定める容量となります。
120mg以上飲んだとしても、有用度の増加はありませんのでご注意ください。

 

食事に含まれている脂肪が多ければ多いほど、脂肪便に伴っている便の副作用が比例して増えることになるため、1日の総量で同様の量の脂肪摂取をした場合、1日1回高脂肪食をとるよりも、3回に分けて食べたほうが、副作用はその分少なくなります。

 

肥満者の血液中にあるビタミンDの濃度は一般的に低いと言われており、必要に応じ脂溶性ビタミンを摂取することはFDAでも良いとされています。

 

また、ゼニカルと全く同じタイミングにてビタミンを摂取してしまいますと、せっかく摂取をした脂溶性ビタミンの吸収が格段に落ちてしまうことになります。

 

このことから、脂溶性ビタミンについては、ゼニカルを内服してから2時間以上経過してから飲むと効果的です。

 

脂肪便で困っていたとしても、飲み終えてから48-72時間経過すれば元の便と同じになるのでそこまで心配はいりません。


ホーム RSS購読 サイトマップ